スモールビジネスのための問屋サービス オーダリーへようこそ

今なら実質2ヵ月無料で革新的な仕入れ体験を📝

#生涯一度だけ咲く花の甘味

クリップボードにコピーしました

アガベとはメキシコ合衆国を中心に広がる植物で、その語源はギリシャ語の「agaue(高貴な、貴族)」。日本では竜舌蘭の名で知られています。
また「Century Flower(世紀花)」という愛称からも推察できるように、アガベは開花に長い時間を要します。長ければ数十年という時を経て一生で一度だけ開花し、花を咲かせるとその姿のまま石化したように枯死してしまうのです。同様の生態を持つ植物は非常に稀で、アガベの他にはアンデス山脈に生息するパイナップル科のプヤ・ライモンディが挙げられます。
食用としてのアガベの発見は、太古の昔に起きた山火事がきっかけ。焼けたアガベのピニャ(根茎)から甘い香りがしたことから、アガベには糖分があり、熱を加えると甘くなるということが偶然発覚されたと言われています。

アイテム数:5