スモールビジネスのための問屋サービス オーダリーへようこそ

©marubishi linked Co.,Ltd

粉末寒天

追加

仕入れリストに、アイテムを追加しました

いますぐ注文する際は、仕入れリストで数量を入力します

粉末寒天 1
粉末寒天 1
粉末寒天 1
粉末寒天 1
粉末寒天 1
粉末寒天 1
粉末寒天 1
粉末寒天 1

寒天

粉末寒天

以下の容量で、
仕入れリストに追加します

アイテムID : 03028

¥8,986(税込)

  • 最短9日後お届け
  • 常温のみ
  • お届け予定日は、正午に更新されます。また数量によって変動する可能性があります。

このアイテムのお問い合わせ

クリップボードにコピーしました

特徴

水漬けや裏ごしの必要のない粉末寒天で、高濃度溶解で手間を省くことができるアイテムです。寒天の原料は100%海藻で、わずかに含まれる水分とミネラル以外は食物繊維です。
主に水羊羹や練り羊羹などの和菓子を中心にペースト食品やコンビーフなどの食品加工品にご利用でき、フルーツゼリーなどにもご使用いただけます。

寒天はところてんの余りが凍って乾燥し、いわばフリーズドライになったことがはじまりです。 寒天に砂糖を加える時は、必ず寒天が煮溶けてから加えます。寒天が溶ける前に砂糖を加えると、寒天はそれ以上溶けなくなるので、砂糖を加える前に、寒天が溶けているかどうかを確認することが大事です。
棒寒天と糸寒天は、海藻の天草(棒寒天は一部オゴノリも使われています)が、粉寒天は天草やオゴノリ、その他の海藻が主原料です。
食品としてだけでなく、研究の分野でも寒天は重要な役割を持っています。寒天培地により飛躍的に細菌培養の精度が向上し、近代医学の発展にも貢献しました。
海で採れる海藻を原料とする寒天は、海のない長野県で作られてきました。これは「夜の冷え込みが激しく、日中の晴天が多い」という長野県の冬場の気候が「ところてんを凍らせて溶かす」という昔ながらの寒天づくりに適していたためです。

製品詳細

ゼリー強度:630±60g
粘度(mPa・S):5
標準使用量:1000mlにつき4g

主な用途

製菓、製パン全般でご使用いただけます。

仕様

内容量・入り数・サイズ

1kg

原材料

海藻(紅藻類)

栄養成分

熱量…2kcal
たんぱく質…0.1g
脂質…0.2g
炭水化物…0g
食塩相当量…0.5g

アレルゲン

記載無

コンタミネーション

記載無

保存方法

高温、多湿及び酸類、強臭物との同所保管を避けて下さい。

賞味期限

製造日から2年(未開封)
出荷により賞味期限は日々変動しており、WEB掲載ができません。
お手数ですがお電話またはメールにてお問い合わせ下さいませ。

加工者

なし

製造者

販売者

輸入者

なし