スモールビジネスのための問屋サービス オーダリーへようこそ

今なら実質2ヵ月無料で革新的な仕入れ体験を📝

#痛いから美味しいは身体からの愛情

クリップボードにコピーしました

辛味成分は辛味受容体 TRPV1という場所を活性化させ、痛みとして認識されます。辛いものを食べた時、脳内ではその痛みを和らげようとベータエンドルフィンという鎮痛物質が放出されます。これはがんの末期症状の患者に対して痛み止めに使われる「モルヒネ」と同じように快感を与える働きをするもので、これが痛みを代償にしてまでも辛さを欲する原動力になります。

アイテム数:16